しあわせ工房  (営業時間 11:00-20:00) ☆お問合せはメールにてお願いいたします☆ laluna@moon.cims.jp

PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2008年11月30日

ご両親様へのプレゼントは・・・

今日お打ち合わせのお二人は、披露宴でのご両親様のプレゼントに「何か後にまで残るものを・・・」

ということで『植物の苗木』を贈ることにされましたニコニコ



実がなるものは、子孫繁栄の象徴とされていますラブラブ



ブルーベリーとか、柚子レモンの苗木なんてどうでしょうか・・・



あと、オリーブなんかもいいですよね!


オリーブは『平和と幸福の象徴』っていわれています。



イタリアンな感じにまとめて・・・


オリーブの苗木とワイン・・・なんていうのも素敵かもキラキラ


ワインは、お二人のお誕生年のものだったりすると、尚素敵?!



月桂樹の木は、実ものではないですが、勝利や栄誉・・・なんていうすばらしい由来のある木。


こちらもお勧めです!!(お料理にも使えるしねべーっだ!



毎年、毎年、苗木が大きくなるのを見ながら、ご両親様とお二人で「こんなに大きくなったね~」なんて話をしながら思い出話ができたらいいですよね!

  

Posted by Michi at 21:23Comments(0)ウェディング

2008年11月27日

結婚式のスクラップブック!


先日、ご案内をさせていただいたお客様から、

「会場が決まってから、実際の準備が始まるまでかなり時間がありますが、何をしておけばいいですか?」



というご質問を受けました。



最近は、会場探しを1年から半年前にされる方が多くなってきています。


ほんと、どんどん早くなってるな~と感じますが・・・



一番最初の、招待状の準備が始まるのが当日の4ヶ月ほど前ですから結構時間がありますよねひらめき電球



実際の準備が始まると、結構忙しくて、怒涛のような日々がやってくるので、


「まずは、ちょっとゆっくりして、家族やお二人で式や披露宴についてどうするかお話をしておくといいですよぉ~」



とお話をしています。



でも、『早く準備したいなぁ~』という方もたくさんいらっしゃいますので、もし余裕があるならば、お勧めは


スクラップブック


です音譜



私も、結婚式の前にはゼクシィを買ったり、色々な雑誌を買って情報収集をしていましたが、雑誌を見ている時は「こんなのいいなぁ」なんて思っているんだけど、1冊読み終わったらなんだか満足してしまって、結局、実際に決める時には忘れちゃってたり、自分の中でイメージはあるんだけどそれが、お花屋さんやパティシエさんにうまく伝わらない・・・なんてこともありました。



そこで、ちょっと頑張って スクラップブック を作ってみるのはいかがでしょうかぁビックリマーク
 



雑誌なんかを読んでいる時に、気になった写真なんかをどんどん貼っちゃうんです目


そのとき気になったものは全部!



それで、たくさん集まって、実際打ち合わせが始まる前に見直してみて、一番いいな~と思うものをチェックするといいんじゃないでしょうか天使


ちなみに、私は自分の結婚式には全く間に合わなかったのですが、プランナーの勉強している時には、



「ドレス」「ケーキ」「お花」なんかに分けてスクラップしてましたょキラキラ



ちょっと余裕があれば、試してみてはいかがでしょうか?



 


 

  

Posted by Michi at 19:35Comments(0)ウェディング

2008年11月25日

結婚式の手作りアイテム!

今日は手作りアイテムについてクラッカー

最近、結婚式や披露宴で使うアイテムを手作りしたい!という声をよく聞きます。



ちょっとだけお安くてすむし、何よりも「自分で作った!!」という愛着がありますよねラブラブ



手作りしやすいアイテムとしては・・・


ティアラ、リングピロー、ペーパーアイテム などなど



ちょっと頑張ろう!!という方は、ウェルカムボードも素敵キラキラ


会場に入る前から、二人のウェルカムな気持ちが伝わるし、ゲストもこれから始まるパーティーがとっても楽しみになること間違いなし音譜



ただ、手作りアイテムは、「作るのに手間と時間がかかる・・・」んですよねぇあせる



それでも、


「頑張るアップ


という方は・・・・  大丈夫!!



私は、それほど手先が器用なほうではありませんが、上のクラウンで、だいたい1時間半くらい。
 


写真のリングピローで2時間ほどで作ることができました合格



雑貨屋さんのブライダルコーナーがあるところには、こういうキットが売ってますので、それを買って作るのが一番簡単です!



やっぱり愛着があるので、作ったものは、また妹とか、旦那様の弟さんの結婚式に使ってもらいたいな~と思ってます。


そうやって、受けついでもらえるのも、いいところじゃないかなぁ~・・・



頑張って手作りしようと思っているお嫁さんラブラブ  がんばってね!!


頑張っただけ、当日は絶対素敵なパーティーになりますよラブラブ

  

Posted by Michi at 20:43Comments(0)ウェディング

2008年11月23日

引出物・鰹節・・その由来は・・・

先日、うちの旦那様が会社の後輩の結婚式に行ってきましたひらめき電球



仕事から帰ってきて、旦那様に、


「どんな結婚式だった? 引き出物はなんだった??」


なんて質問攻めに・・・ニコニコ



二人で引き出物や引菓子を見ていた時に、旦那様がポツリ・・・



「そういえばさぁ。引き出物なんかと一緒に、なんで鰹節をつけるの?昔の人は鰹節好きだったのかな??」


と・・・



確かに、今月結婚式への出席が続いている我が家には、鰹節の山ができていますキラキラ



みなさんは、なんで鰹節をつけるのか、その由来、ご存知でしたか?



その由来は、色々あります。



○鰹の背中からとれる「雄節」とおなかの「雌節」を合わせて、夫婦一対をあらわすこと。


 また、一対となった形が亀の甲羅に似ていることから、縁起物としておめでたい席に用いられるようになった。



○かつお節は「勝魚」「勝男節」とも呼ばれ、昔から縁起が良いものとされていた。


  祝儀、中元、歳暮の贈り物としても使われてきた。



○表面の黒皮、肌の笹の葉模様、先端の梅形の削りを松竹梅に見たて、特に縁起の良いものとされた



○鰹節は、縁起のよい勝男武士の名に由来していることや、非常食に優れた保存食だったことなどから。



とにかく、縁起が良くて、保存が利く食べ物だったから、鰹節が用いられるようになったんですねラブラブ


うちのように、結婚式が続いて鰹節の山になっても大丈夫!!ということです!!



この他に、かつおは「勝つ男」、節は「武士」にたとえて『勝男武士』(かつおぶし)に通じるため、元気な子に育つようにと  『出産』や『端午の節句』の内祝に、「勝つ魚」に由来するものとして、『七五三』・『入学』の内祝、『快気内祝』などの贈り物として広く使われています。



引き出物、引き菓子・・・では、割れる数の2個になってしまうので、数字を割り切れない3にするために、縁起のいい鰹節を入れることが多いんですね目



ちなみに、これにプラスして、お赤飯を入れたり、さらにハムなんかの詰め合わせを入れて、数を5にしたりすることもあります。


地域性もあると思います。



さて、そもそも、『引き出物』自体の由来ですが・・・



結婚式の引き出物という言葉。遠方より来た友人に、愛馬を厩舎より「引き出して」贈った故事から来ているそうですクラッカー


自分の大切にしていた馬を、大切な友人に贈ったことが由来だったんですね音譜



引き出物選び・・・


けっこうアイテムも多くて大変だとは思いますが、それぞれのゲストの方の顔を思い浮かべながら、


『愛馬を贈る』


という気持ちで選んでみてはいかがでしょうかぁ~

  

Posted by Michi at 22:21Comments(0)ウェディング

2008年11月22日

結婚式に金平糖☆

NACK5のラジオ番組で結婚にまつわる色々な情報を特集しているのがあるんですょラブラブ

ちなみに、先日のお題は『金平糖』でしたラブラブ!



金平糖って、オランダから来たお菓子なんですね目ご存知でしたか??



オランダの宣教師が永禄12年 (1569) 4月16日に、二条城に信長を訪ねた時、ろうそく数本とフラスコ入りの金平糖を贈ったことが記されているそうです・・・



オランダでは、結婚式のフラワーシャワーのように、『金平糖シャワー』なんていうのもあるそうですよひらめき電球



金平糖がどうして結婚式で使われるようになったのか・・・



金平糖は、作るのにとっても時間と手間がかかるんですって。


もち米を細かく砕いたものを核にして、その周りに、あめを少しずつかけていって、大きな鍋を動かしながら、匙で混ぜること、なんと!!2週間!!




「少しずつ、少しずつ・・・・その形ができあがってくることが、夫婦のその形と同じ」


ということが由来だそうです。



ところで、あの金平糖の『つの』・・・


あれってなんでできるのか、未だに解明されていないんですって目


今、物理的に解明しようと研究が進められているそうですょ叫び


そして、あの『つのつの』・・・なぜだか、だいたい25本くらいできるんですってぇ



科学でも解明できない、あの『つのつの』・・・


夫婦の間も同じ!?


お互い、違う人生を歩んできて、違う価値観を持っていて・・・


お互いの気持ちが『解明』できなくてあたりまえにひひ



っていうくらいの気持ちでいれば、すれ違いがあっても、ちょっと納得できるんじゃないかなぁ~と思いますひらめき電球


私も、頑張ろうにひひ


  

Posted by Michi at 21:19Comments(0)ウェディング

2008年11月21日

クリスマスリースを作りました☆

今日は夜にお花のレッスンへハート

スクウェアのクリスマスリースを作成しました。
 


白いカラーオアシスに、ボルドー色のカーネーション、チョコレートコスモス、姫りんごなどで飾りつけ。

家では、真ん中にキャンドルを置いて飾ってみました。



最近流行り(?!)のブラック・レッドのクリスマスです☆
ちょっと大人っぽい色合いで、ブライダルに取り入れても素敵だと思います!!

  

Posted by Michi at 22:42Comments(0)お花

2008年11月20日

日本の婚礼衣装の歴史は・・・

最近ご案内させていただくお客様は、
「和装をどぉーーーしてもしたいんです!」

という方が増えているように感じます

ウェディングドレスだけではなく、色打掛や黒引振袖などにも色々な種類が登場して、和装が見直されてきているんですよね

私も、いまだに自分の自身の結婚式の時、せめて写真だけでも和装をすればよかったなぁ~とちょっと後悔

さて、その日本の婚礼衣装にも様々な変遷があるのをご存知ですか?

もともと、室町時代以前には婚礼専用衣装というものは存在しなかったそうです。

男性はワインカラーの冠直衣(カンムリノウシ)で裾に紅色をのぞかせる衣装。
女性は紅色の袴が普段着で、女性側が普段着を用意して、それに着替えることで結婚を認めていたそうです。

また、室町時代には白色の着物は神事や出産の時の衣装として用いられるようになったそうです

今、婚礼衣装として着られている打掛が登場するのは桃山時代から江戸時代。
武士の妻が礼装用に着用をしていました。
時代劇でよく見ますね

婚礼衣装としては、江戸時代。
黒地の打掛、振袖、黒留袖が定着します。

黒留袖は、今は両家のお母様や既婚者が着る正装となっていますね
江戸時代には、これも花嫁さんの衣装だったんですねぇ~

そして、現在のような、
黒地の振袖を裾を引いて着る黒引きと、角隠しが婚礼衣装としてポピュラーになったのは明治時代。

意外と最近なんですねっ
この頃、ウェディングドレスも日本に本格参入してきたそうです。

そして、今、また和婚ブーム・・・

歴史は繰り返すものなんですねぇ~

  

Posted by Michi at 21:57Comments(0)ウェディング

2008年11月19日

披露宴のコーディネート

先日ご案内をさせていただいたお客様の一番こだわりたいポイントは・・・

『テーブルコーディネート』でした


テーブルクロスの色や、ナプキン、いすカバーの色で、会場内の雰囲気って大きく変わります
でも、「こだわりたいんだけど、好きなイメージにするにはどうしたらいいのかわからない」

という声をよく聞きます

会場装飾を決めていくときのポイントは、色々ありますよ☆

たとえば・・・
まずは、会場自体の雰囲気との兼ね合い

次に・・・
ドレスとのバランス

披露宴当日の季節とのバランス
そして何より、お二人が会場をどんな雰囲気にしたいのかということ

かわいらしい感じ?

それとも、大人っぽいダンディーな感じ?

元気な感じ?

シンプル?モダン?クリアな感じ?

今、最注目されている和モダン?

それぞれに、使う色だったり、そのバランスだったりでイメージを作ることができるんですょ



たとえば、かわいらしい感じだったら、パステル調の色。
元気な感じだったら、ビビッドな色。

でも、ドレスの色だってとっても気になるところですよね。
それぞれの花嫁さんによって、肌の色がきれいに見えたり、似合う色は違います

そして、そのドレスの色が映える、会場の色もあるはず!

一番いいのは、すべてをトータルで考えることです

それぞれ、選ぶ時期が違うので、ちぐはぐになってしまう・・なんてこともありますので・・・

会場を決めて、打ち合わせが始まるまでに少し余裕がある場合には、その期間にゆっくりと二人で、どんな雰囲気のパーティーにしたいかを話しておくといいかもしれませんね


  

Posted by Michi at 23:03Comments(0)ウェディング

2008年11月18日

ウェディング装飾・演出 ~冬編 クリスマス~

今日は比較的暖かい一日でしたね

お仕事帰りのお買い物がてら、今日はちょっと100円ショップをのぞいてみました・・・
久しぶりに覘いてみましたが、すっかりクリスマスグッズで一杯になっていました

街もすっかりクリスマスの装飾になっていますね。
寒くなるのも間もなくなんでしょうね~

さて、披露宴のテーマや会場装飾も季節のものを取り入れられる方が多いです。
これからの時期のパーティーには、クリスマスのアイテムを取り入れると言うのも素敵ですよ!

クリスマスには色々なアイテムがあります。
それぞれ意味がありますが、色々な場面に取り入れてみてはいかがでしょうか・・・

ベル・・・魔よけ・天使の楽器
     結婚式、フラワーシャワーのかわりに、ゲストベルを鳴らしていただくという演出も素敵!

星・・・キリストが産まれることを示したベツレヘムの星
    装飾、ペーパーアイテムに取り入れてみては?!

サンタクロース・・・4世紀頃のセント・ニコラウスの伝説から発展してコカコーラ社の打ち出したイメージで今の赤・白サンタさんが誕生しました
    お色直しでサンタさんのコスチュームで登場!
    テーブル周りでゲストへプレゼントをお渡し・・・なんて演出も盛り上がるかも!?

クリスマスツリー・・・いくつか由来があるようですが、アダムとイブの『善悪の知識の木』を舞台でりんごの木ではなく、常葉樹のモミの木を使ったことが由来 という説があります
    ご両親様へのプレゼントに、それぞれモミの木をプレゼント
   「毎年一緒に楽しい時をすごしましょう!」という意味を込めて・・・

ちなみに、私はずっと、
「あの、ツリーに飾る丸い飾り物はどういう意味があるんだろう・・」

と思っていました。

あれ、りんごを意味しているというのはご存知でしたか?
そう、アダムとイブのりんごです

実物は、子孫繁栄の意味を持つので、ブライダルにも最適!
会場の装飾などにりんごのモチーフを使うというのもいいですね

他にもクリスマスアイテムはたくさんあります
演出方法も様々・・・・

演出にお悩みの方がいらっしゃれば、いつでもご相談に乗らせていただきます
お気軽にご相談くださいませハート
  

Posted by Michi at 21:58Comments(0)ウェディング

2008年11月18日

花言葉~カラー・バラ~


それぞれのお花には『花言葉』があります

結婚式のお花選びの参考にもなるかなぁ~と思いますので、これからちょっとずつご紹介しようかな・・・と思います。

さて、昨日のテーブルで使ったお花達
大きなもの意外は分けて花瓶に入れて飾ってあります。

昨日使ったのが・・・
カラーとバラ(ホワイト・ブルー)

それぞれの花言葉は・・・

カラー・・・素敵な美しさ・清浄・壮大な美・乙女のしとやかさ・夢のように美しい

      (色つきは・・・情熱)

バラ(ホワイト)・・・尊敬・私はあなたにふさわしい

バラ(ブルー)・・・神の祝福・奇跡

です

やはり、ブライダルの一番人気のお花の色は、ホワイト。

白いお花を使いたいけれど・・・
ウェディングドレスが白だから、ちょっとぼやけちゃう

とおっしゃる方も多いですが・・・

実は、日本人に似合うドレスは「真っ白」のドレスではなく、「アイボリー」のドレスなんです。(もちろん個人差はありますょ!!)


アメリカのドレスは真っ白が多いですが・・・
日本のドレスショップにおいてあるドレスは、どちらかというと、ややアイボリーの色味のものが多いんですょ。

なので・・・

真っ白いお花とややアイボリーのドレス色合いが微妙なグラデーションになって、とっても素敵ですよ!
このグラデーションには、グリーンやベージュ、茶色なんかがよく合いますね

この色の組み合わせで『ナチュラル』なイメージを作ることができるんですっ。

うすーいピンクや、うすーいグリーンを合わせると、こんどは『ロマンティック』なイメージ。
同じ、アイボリーのドレスと白いお花に、何色を合わせるかによってイメージがガラッと変わりますね!

好きな『花ことば』と、パーティーのイメージでお花を選んでみてはいかがでしょうか?

  

Posted by Michi at 00:05Comments(0)花ことば

2008年11月17日

はじめまして!

はじめましてキラキラ

プロフィールにも書いてありますが・・・

私は、都内レストランウェディングのプロデュース会社、ヨーロッパ直輸入のドレスショップ、都内老舗シティホテルでのウェディングプランナーを経験し、現在はつくばに在住しています!

テーブルコーディネート、フラワー、カラーの知識を活かしたご提案をさせていただきますハート
現在は、フリーでの活動を目指し準備中です。

結婚式、披露宴、会場コーディネート、ドレス、各種パーティーなどなど・・・
ご相談についてはいつでもお答えいたします!!

ブログについては、ブライダル、テーブルコーディネート、フラワーなど、徒然なるままに書いていきます。
よろしくお願いします☆  

Posted by Michi at 23:43Comments(0)ブログ